NISA口座に入れておくのに最適!?注目のJリートETF

新しい株式の非課税制度が発足

日本は世界トップレベルの経済大国です。しかし、個人投資家の数は、世界トップレベルとは言えません。多くの人が無リスク資産である銀行預金を選択しているのが現状であって、十分に市場にお金が回っていないという問題があるのです。NISAという制度が発足して、一定期間、一定額までなら株式から得られる利益が非課税になりました。こうした制度のおかげもあって、日本でも徐々に株式投資に興味を持つ個人が増えてきています。

NISA口座と相性のいいJリートETF

NISA口座では、頻繁に売買を繰り返すのは良くありません。取引をするごとにその額が限度額を削って行ってしまうからです。NISA口座では基本中長期的にバイアンドホールドをする戦略を取るのが推奨されています。中長期的に、そこそこの配当を生み出してくれる銘柄を保持するのがいいのです。JリートETFは、安定して3%前後の配当を生み出してくれるので、NISA口座とはとても相性がいいです。配当が出る回数が多いというのも、NISA口座ではデメリットにはなりませんね。

JリートETFで毎月配当金を受け取れる

JリートETFは、各社からいくつか出されています。それぞれ配当期日が違っているので、複数銘柄に投資をしておけば毎月配当がもらえるようになるので便利ですね。大きなお金があるなら、JリートETFを揃えるだけで配当生活を送ることができるわけです。毎月決まった日に配当が出ますし、Jリートなら将来的にも大きく値崩れをする心配が少ないので最高でしょう。インカムゲインに期待をする場合は、Jリートの他にも新興国債券、高配当株ETFなどがオススメできます。

jリートのファンドとは、japanのリート(Real Estate Investment Fund)を扱っている投資信託のことです。