成長していく会社には、共通した社内ルールがある!?

出る杭を打たない会社

成長していく企業に、共通している社内ルールに「出る杭を打たない会社」というのがあります。これは、勤続年数や学歴、年齢に関係なく、実績のある社員を優遇してくれる会社の事です。このような会社であれば、自然と優秀な人材が集まりやすいものです。しかし、勤続年数などにこだわって、出る杭を打つ会社になると、優秀な人材が逆に流出する危険があります。そのため、成長する会社に必要なものは勤続年数などにこだわらないで、出る杭は打たない会社と言えるでしょう。

意思決定が素早く行われる会社

トップダウンの会社が良いという訳ではないのですが、成長している会社によくあるのが、意思決定の早さです。例えば、社員が会社に利益を出すような意見を言ったとしましょう。この時の意見を即決で採用して実行する会社には、早い段階で利益が生み出されます。しかし、社員に対して「本当に成功するのか?」など、なかなか採用しない会社は利益を生み出すのは難しい会社と言えるでしょう。そして意思決定の遅い会社に、共通する例として、失敗しても誰も責任を取らず、問題を先送りにする会社が多いのです。そのように考えると、意思決定の早さが、会社の成長を決めると言えます。

社員を第一に考える会社

社員を大事にする会社というと、奇麗ごとのように聞こえるかもしれません。しかし、このような会社は社員にとって待遇が良いので、優秀な人材が集まりやすいのです。そして待遇が良いので、会社を辞めていく社員も少ないので、つねに安定して仕事が出来る環境にあります。それとは逆に、社員を酷使して、成長する起業はどうでしょうか?人件費を削って、利益を出しやすい反面で、待遇が悪くて辞めていく社員が多いでしょう。そのため、人手不足に困る事になります。このように考えると、社員を大事にする会社は、成長していける要因が備わっているのです。

就業規則とは従業員が守るべきルールのことで、労働時間や賃金、休憩時間など様々な規則を定めることにより無用なトラブルを防ぐことができます。